リノベーション事例Renovation Case

#47

定年後の夫婦の時間を彩る住まい

福島県福島市 S様
住居者構成:夫婦
物件種別: 戸建て
Taste / JAPANESE MODERN

定年退職を機に新しい住まいを検討していたS様ご夫婦。第二の人生をより豊かにするために将来のライフスタイルも想像して作り上げた住まいは、デザインだけでなく、使いやすさも追求した空間になりました。

『リノベーションのきっかけ』

定年退職を機に落ち着いて過ごす住まいを希望していたS様。元々は別の場所に住んでおり新築も検討していたのですが、立地が良いことやコスト面を踏まえ、9年間空家になっていたS様の実家をリノベーションして住まうことにしたそうです。

『S様のご要望』

「理想の空間で、夫婦二人のセカンドライフを楽しみたい」という想いをもとに、将来の生活のことを考え1階部分で生活がまかなえるような間取りを希望していました。
また、現代風のデザインに憧れはあったものの、飽きることなく暖かさを感じられて落ち着いた空間にしたいという要望もありました。

  • 木や畳といった日本人に馴染みのある素材をふんだんに使用。

  • リビングの窓装飾にはブラインドを採用したことで、日中は柔らかい光が差し込む。

『デザインのポイント』

馴染みのある畳はリビングに取り入れながらも、椅子のある生活に切り替えることを想定してその他のスペースの床には無垢材を採用しています。ソファの背面にはお気に入りの小物や写真を飾れるニッチを設けたことで、シンプルな空間ながらもS様の趣向が映える空間になりました。また、扉や棚にも木材を取り入れており、部屋全体が暖かな雰囲気を感じさせてくれます。

  • リビングにはダウンライトを採用し、スッキリした空間に。

  • 床の間や押し入れだったスペースも形を崩さず有効に活用。

『耐震性にもこだわったリノベーション』

築49年が経過していた住まいは、いざリノベーション工事を始めてみると鉄骨が出てきたり元々入っていた筋交いも厚みがなかったりと、耐震性に不安がありました。そこで、通常は部屋を広くするために柱や壁を取るところを、反対に柱を抜かず壁を増やして、家自体の強度が増すようなプランを取り入れた上で、外の光が部屋の奥まで差し込むような間取りにしました。

  • 外の光が奥まで入る、一直線に並んだリビング・ダイニング・キッチン。

  • キッチン脇には大容量の収納スペースが設けられている。

My Favoriteお気に入り

  • 収納も十分な対面キッチン。

  • 畳×ソファで足に負担の少ないインテリアとなっている。

  • 寝室には書斎スペースも。

  • 扉や床の色味を揃えて統一感をだした。

  • 玄関から暖かな雰囲気を演出。

  • 洗面室は使いやすいよう広さを確保。

Floor Plan間取り図

この事例をもとにリノベの相談

場所:福島・郡山リノベスタジオ

相談予約する
無料資料請求

Other Works他のデザイン事例

福島・郡山でリノベーションするなら

福島・郡山でリノベーションをお考えの際は365リノベにお問い合わせください。不動産の提案から定額リノベーション、インテリア提案までトータルでご提供いたします。

福島・郡山のリノベーションなら365リノベ
資料請求
リノベーション進行中
リノベーション相談予約
相談予約受付中!
リノベーションや不動産のこと相談してみませんか?今なら相談予約でQUOカード3000円分プレゼント!

中古住宅×リノベーションについて相談しよう!!

相談予約はこちら

中古住宅×リノベーションについて相談しよう!

相談予約はこちら